LEAKAGE

雨漏り検査

悪くなる前に点検、メンテナンスチェック!!

ご自宅の外壁や屋根の状態について「まだまだ大丈夫だろう」そう思われている方もいらっしゃるかと思います。家は年数が経つと、雨・風・太陽の紫外線の影響で塗料や屋根の本来の機能が失われてきます。そうなると色々な弊害が発生し、家の耐久性も著しく低下していきます。外壁・屋根の塗装工事や修繕は単に見栄えをキレイにするだけでなく、お住まいの寿命を延ばす&雨漏り被害を防ぐことに繋がります。 日頃のメンテナンスを軽視してしまうと、屋根の破損箇所からの浸水により、雨漏りが発生したり、大事な柱が腐ったり、シロアリが発生したり、いろいろな被害が発生してしまいます。悪くなってから点検するのではなく、悪くなる前に点検、メンテナンスをすることが大切です。

雨漏り検査の方法

「光る検査液」を雨漏の原因だと思われる個所に散布・浸透させ、室内から専用ライトで照射する事により「光る検査液」が発光し雨漏経路と原因個所を特定する事ができます。

  • STEP1

    問診・現場調査

    問診や現場調査を行い雨漏状況を確認し、散水箇所を見極めます。
  • STEP2

    光る検査液で雨漏りを再現

    散水箇所に「光る検査液」を投入し雨漏りを再現することで室内での漏水を確認します。
  • STEP3

専用ライトで漏水を

室内から専用ライトで漏水を照射し「光る検査液」が発光させます。
発行した検査液を確認して雨漏り経路と原因個所を特定します。